トップ > 日刊県民福井から > 福井発 > 記事

ここから本文

福井発

知事「企業統治を注視」 高浜町長、一定の評価

取材に答える高浜町の野瀬豊町長=9日、高浜町役場で

写真

関電会長ら辞任

 高浜町元助役(故人)からの金品受領問題で九日、関西電力の八木誠会長と岩根茂樹社長らが辞任を表明したことを受け、杉本達治知事は、関電による全国初の原発の四十年超運転を今後どう判断するかについて「事実究明と再発防止策を講じ、ガバナンス(統治)が機能しないといけない」と述べ、企業統治を注視していく考えを示した。県庁で報道陣の質問に答えた。(尾嶋隆宏、栗田啓右、大串真里)

 四十年経過した高浜原発1、2号機と美浜3号機は来年夏以降の再稼働を目指している。杉本知事は「今回の問題で国民の目は厳しいものがあり、難しくなっているとの印象を受ける」とも話した。関電が県の求めに応じて使用済み核燃料を一時保管する中間貯蔵施設の県外候補地を「二〇二〇年ごろを念頭に提示する」と公言してきたことについては「県と企業の約束。守ってもらう」と指摘した。

 一方、高浜町の野瀬豊町長は、八木会長らの辞任を「信頼や信用の観点からやむを得ない」と受け止めた。四十年超運転への影響について「(二日の報道対応では)役員体制の見直しが重要と挙げていたが、今回の辞任は自浄作用というか、一定の評価はする」と述べた。

 美浜原発が立地する美浜町の戸嶋秀樹町長は「新体制の下、再発防止と信頼回復に全力で努めてほしい」とのコメントを発表。敦賀市長で、全国原子力発電所所在市町村協議会の渕上隆信会長は「立地地域との信頼が大きく損なわれた。関電は、原子力事業に対する国民の不安を招いた責任を痛感してもらわないといけない」と苦言を呈した。

高浜町独自に第三者調査委

 高浜町は同日、元助役による不透明な金品の流れを調べるため、第三者による調査委員会を独自設置する方針を明らかにした。森山栄治氏が町助役だった一九八〇年前後から現在までの歴代町長、教育長、課長級以上の職員らを対象に、森山氏からの金品受領の有無や業務での指示などについて聞き取りを行う。野瀬町長は「現行政とは関係がないことを証明できれば」と説明した。来週中に委員を選定し、今月下旬にも調査を開始する。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索