本文へ移動

報道、著述目的に関する個人情報の取り扱い

 報道機関または著述を業として行う者は、報道または著述の用に供する目的(以下、「報道または著述目的」)で個人情報を取り扱う場合、個人情報取扱事業者の義務等を定めた法律の適用から除外されています。

 これは、憲法で保障された「表現の自由」およびこれと密接に関連する報道、言論、出版の自由の重要性を踏まえたものです。

 中日新聞社は、報道または著述目的に関する個人情報の取り扱いについて、日本新聞協会の「新聞倫理綱領」や社内規定の「編集綱領」に基づき、以下の方針に従って適正かつ慎重に行います。

(1)報道または著述目的の個人情報の取得は適正に行い、社会通念を逸脱しない方法で行います。
(2)報道または著述目的の個人情報は、本人の同意がある場合を除き、原則として、報道または著述活動のみに使用します。
(3)報道または著述目的の個人情報の使用は、正確性の確保に努めながら、人権に配慮し、個人の名誉やプライバシーなどを尊重します。
(4)取材源の秘匿は報道機関として重要な倫理的責務であることを自覚し、厳守します。
(5)報道または著述目的の個人情報の漏えい、紛失、改ざんなどを防止するため安全管理や社内教育を徹底します。

スタイルの設定

文字の大きさ

デバイスモード