本文へ移動

つぶやきNEWSでSDGs 新聞記事の周りにつぶやきを書き込み
          楽しみながらSDGsの理解を深めましょう

 2021年8月4日にオンラインで開催した「教師のための教育セミナー」の第1部、渡邉裕子さんによる「つぶやきNEWSでSDGs」の様子を、前半「講演編」、後半「ワーク編」の二つの動画で紹介します。ワークで使用するシートとアイコンシールも添付します。授業などでご活用ください。

講師 NIE教育コンサルタント 
渡邉裕子さん

 新学習指導要領に「持続可能な社会の作り手となる人材の育成」が掲げられたこともあり、国連が定めたSDGs(持続可能な開発目標)への教育界からの注目が高まっています。新聞記事の周りに感想(つぶやき)を書き込み、考えを深める「つぶやきNEWSッス」を提唱する渡邉さんは、その応用編としてSDGsとコラボさせた「つぶやきNEWSでSDGs」を考案。「難しくなく楽しみながら取り組める」と好評を得ています。その特長や実践方法などを聞き、実際に新聞を使ってシートを作るワークショップにも取り組みます。

【講師プロフィール】

白鴎大学非常勤講師
日本NIE学会理事 ことばの貯金箱「夢」プロジェクト代表

 宮城テレビ放送アナウンサー、仙台市中学校教諭を経て現職。
 宮城県の初代日本新聞協会NIEアドバイザーとして、学校現場では新聞を生きた教材として使うことの意義と活用方法を伝え、地域では「NIEで向こう三軒両隣」を掲げて「地域NIEキャラバン隊」を結成。新聞を使ったコミュニケーションづくりを展開してきた。
2012年に「ことばの貯金箱」、2014年には「つぶやきNEWSッス」のワークショップを提唱している。

1.講演編

2.ワークショップ編

事前に準備するもの

■新聞
1部 銘柄はどこでも構いません。できればワーク実施日から5日前までの間に発行された、一般紙の朝刊をお願いします
■はさみ
■のり
■筆記用具(黒、赤)
■シート
B4サイズかA3サイズでプリント
■アイコンシール
A4サイズでプリントし、枠線に沿って切り離して17枚のシールにしておいてください

「つぶやきNEWSでSDGs」の進め方  <2人1組用>

①「ちょきちょき」タイム
気になる記事をちょきちょきと切り抜く。(最低でも1枚は用意する)
②「ぺたぺた」タイム
最も関心がある記事を1つ選んでワークシートに貼る。(大きい記事は下の方に貼る)記事に関係がありそうなアイコンをそばに貼る。
③「つぶやき」タイム
ワークシートの余白に、思ったことを「つぶやき」にして書き入れていく。
④「紹介」タイム
記事の内容を簡単に紹介する。ついでに、貼りつけたアイコンや書いたつぶやきも紹介する。
⑤「つぶやき交換」タイム
ワークシートを交換し合い、赤ペンで記事に対する「つぶやき」を入れてあげる。もし、追加のアイコンがあったら貼ってあげる。
⑥「わいわい」タイム
ワークシートを元に戻し、相手からのつぶやきや、貼ってもらったアイコンがあれば、それらを確認しながら、わいわい自由に意見交換。
⑦「もっと知りたい」タイム 
もっと知りたいこと、調べてみたいことをアイコンシールの余白に書いて、今後の調べ学習につなげる。
スタイルの設定

文字の大きさ

デバイスモード