本文へ移動

子どもと先生の新聞コンクール 入賞者一覧

教育に新聞を・NIE

子どもと先生の新聞コンクール 入賞者一覧

第28回(2021年度)

児童生徒の部

受賞校

理由

地域

最優秀賞

岐阜聖徳大学附属中学校
2年生

校外学習で体験したことを宿泊先ですぐに記事にして新聞を作成したとのこと。とてもよく取材しており、文字も丁寧。題字や見出しにイラストを使ったり、全体をカラフルにしたりと、研修の楽しさや充実感が伝わってくる新聞だ。どの生徒も読み手のことを考えて作っている。

岐阜県

優秀賞

各務原市立稲羽東小学校
6年1組

取材メモを取りながら修学旅行先を回るというのは、新聞記者さながら。一人一人が丁寧に新聞づくりをしており、体験したことを素直に表現している。題字や見出しも工夫を凝らしてあり、内容が分かりやすく、かつ読みやすい。

岐阜県

優秀賞

豊田市立挙母小学校
6年生

東京五輪にちなんで自分の好きな参加国を選んで調べ上げ、紹介する新聞。データの羅列ではなく、どんなことを知ってほしいのか、何に興味を持ったのかがよく分かる。写真も多く、カラフルな紙面でしっかりと作られている。

愛知県

入選

日進市立相野山小学校
5年1組

1泊2日の野外活動を下の学年に伝える目的で作った新聞。見出しやレイアウトに粗さがみられるものの、カラフルで児童たちの楽しさがダイレクトに伝わってくる。

愛知県

入選

大垣市立綾里小学校
4年1組

大小の見出しが効果的に配置されており、見学した内容がとても分かりやすく表現されている。カラフルな紙面で読み手の関心を引き、最後の「感想」も丁寧に書かれている。

岐阜県

入選

豊橋市立旭小学校
4年い組

昔の同校の様子を先輩に聞いたり、資料を調べたりして分かりやすくまとめている。写真やイラスト、4コマ漫画も丁寧に仕上げられていて読みやすい。

愛知県

努力賞

【愛知県】碧南市立棚尾小1年1~3組、豊田市立四郷小4年1・2組、豊田市立寿恵野小6年3組、豊橋市立旭小4年い組(入選作品とは別の作品)、同小5年い・ろ組、豊橋市立中野小6年1組単独、同小2組単独、同小1組・2組合同2作品、半田市立横川小6年生

【岐阜県】揖斐川町立春日小3~6年、山県市立桜尾小1~6年、大垣市立南小1年1・2組、同小4年1・2組、同小6年1・2組、神戸町立北小4年生

【三重県】津市立南が丘中1年1・2・3組

先生の部

※敬称略

受賞校

理由

地域

最優秀賞

佐藤 利紀
(豊田市四郷小)

4年1組学級通信。毎日両面発行。写真やみんなの声コーナーで児童の様子がよく分かる。朝の会で速読などに使い、児童の成長に合わせた文章量に後半変えている工夫が良い。

愛知県

優秀賞

加藤 孝児
(豊田市寿恵野小)

6年1組学級通信。太字で文中に児童の名をちりばめるなど児童が主役の紙面づくり。おうち時間や児童1人ずつ紹介面など、保護者も巻き込んでの企画も面白い。

愛知県

優秀賞

片尾 俊信
(豊田市石畳小)

特別支援学級2学級合同通信。児童の様子を多めの写真で細やかに保護者に伝えている。写真説明もうまく生かしている。見出しにメッセージがある。放課後デイサービスにも配布し、児童の成長を共有している

愛知県

入選

小野内 博史
(安城市明和小)

3年松組学級通信。毎日発行。大きめの文字と写真で読みやすい。写真で授業中の児童の様子がよく分かる。児童の意見もよく載せている

愛知県

努力賞

波多野慎次(愛知県豊川市牛久保小)、黒田有貴(同県半田市横川小)、池谷英敏(同)、小泉修(同県豊田市上郷中)、古賀雅俊(同市挙母小)、小川晋平(同県愛西市佐屋中)、牛田早紀(同県あま市秋竹小)、武田多聞(同県蟹江町蟹江中)、長沢拓駿(同)、細江隆一(岐阜県川辺町川辺中)、杉本順子(津市南が丘中)、坂本真里(三重県玉城町有田小)

スタイルの設定

文字の大きさ

デバイスモード