文字サイズ

静岡ニュース

幹事長職辞任の意向 民主党県連の林氏

 民主党県連会長の牧野聖修氏が議席を失うなど惨敗した衆院選結果を受け、県連の林芳久仁幹事長は十七日、記者団の取材に「執行部の要として選挙結果の責任を取る」と幹事長職を辞任する意向を示した。

 二十二日に静岡市で開く県連常任幹事会で正式決定する見通し。落選を受け、会長を辞する考えを表明した牧野氏の後任は、国会議員を中心に同日までに固める方針。