文字サイズ

静岡ニュース

県内企業・団体トップらの声

 自民党の圧勝で政権交代となった総選挙。静岡県内の主要企業のトップや経済団体からは、結果を前向きにとらえて政治の混迷に終止符が打たれることへの強い期待が聞かれた。円高是正はじめ経済や財政の課題解決に一刻も早く取り組むよう求めた。

スズキ 鈴木修会長兼社長

 「民主党の大敗は当たり前の結果。第三極が時間のない中で成果を出し、二極に近づいたのは良かったのではないか」と振り返った。

 新政権には「自民党が単独過半数を獲得したが、参院はねじれが続いている。まずは安全運転をするだろう」と予測。「原発や消費税、国防などの課題は、時間をかけて検討してもらえばいい。まずは経済対策を重点的にやってほしい」と求めた。

ヤマハ 梅村充社長

 「経済や社会保障など課題山積にもかかわらず、一向に解決が進まないことに、国民も企業もいら立ちを募らせてきた」と国政の長期停滞を批判。新政権には「一刻の猶予もないことを肝に銘じ、ぶれない政策のもとで課題解決の具体策を明示し、実行してほしい」と要望した。自民党が慎重姿勢を見せる環太平洋連携協定(TPP)についても、「長期的な国益を最優先に考え、オープンに議論するべきだ」と強調し、議論の加速を期待した。

ヤマハ発動機 柳弘之社長

 「国民の切迫感と期待を強く反映したもの」との見方を示した上で「新政権は民意をしっかり受け止め、責任政党の責務を果たしてもらいたい」と注文を付けた。

 具体的には「超円高などものづくりの危機的状況を打破し、日本の製造業が競争に勝って、さらに成長する環境整備を強く期待したい」とした。

浜松ホトニクス 晝馬(ひるま)明社長

 「国民が自民党を選んだのは、長年の政権経験に期待したからだと思う」と分析。併せて「安定した政権とは、野党との調整力にある。選挙での各党の主張をみても大きくは変わらない。膝をつき合わせて国民の幸福と国益につながる議論をして、ともかく前へ進めてほしい」と期待を込めた。

後藤康雄・県商工会議所連合会会長(静岡商工会議所会頭)

 決められない政治への批判と、自民党の政策実現力への期待が表れた。震災復興を優先しつつ、円高是正対策、金融政策など経済成長戦略の実行に危機感を持って取り組んでもらいたい。与野党の垣根を越えて、長期的視点に立った政策本位の政治を願う。

御室健一郎・浜松商工会議所会頭

 当面は、国民生活に直結する補正予算や来年度予算案が早急な課題になる。政治空白をつくることなく、迅速な政策実行を望む。公共投資の在り方やエネルギー政策、TPPへの対応についても、国益を踏まえてしっかりと議論を尽くし、具体的な施策の実施につなげてもらいたい。

佐野光治・県中小企業団体中央会会長

 自民党は下野の教訓を肝に銘じ、政治への信頼回復を図ってほしい。中小企業は電力問題や消費増税、金融円滑化法の期限切れが目前に迫り、先行きへの不安が増大している。景気回復を第一に実効性ある施策を推進し、地域経済の再生や復興が実現するよう、全力を傾けてほしい。

夏目善宇(よしいえ)・県農業協同組合中央会会長

 JAグループ推薦候補者全員(小選挙区の自民候補8人、比例復活を含む)の当選を心より祝福する。食料・農業・農村政策の確立に尽力するとともに、「TPP交渉の断固阻止」をはじめとした、国民生活の安全・安心を脅かす喫緊の課題に対して、迅速かつ的確な対応をお願いする。