文字サイズ

静岡ニュース

静岡1、3、8区の出口調査分析

 衆院選で本紙は16日、静岡1、3、8区の投票行動について出口調査をした。小選挙区で自民は4割から半数近くを獲得して民主を大きく引き離した。比例では維新が自民に続く2番手に。重視した政策は景気、税、社会保障が上位を占め、争点とみられた原発は、浜岡原発が立地する3区でも約1割にとどまった。

◆1区 上川さん自公票手堅く

写真

 五人が立候補した県都1区では、元少子化担当相の上川陽子さん(自元)が年齢、性別を問わずに幅広い支持を獲得。元経済産業副大臣の牧野聖修さん(民前)を圧倒した。

 上川さんは、自民支持層の76・2%、公明支持層の71・4%を固めた。一方、支持政党なし層からは26・9%で小池政就さん(み新)と同率だった。

 牧野さんは、民主支持層の55・7%しかまとめきれず、前回衆院選で牧野さんに投票した人からの支持も44・0%止まり。支持政党なし層からも18・8%にとどまった。 

 投票の際に重視した政策は「景気対策」が32・7%と最も多く、このうち44・1%が上川さんを支持。続いて重視する人が多かった「福祉や社会保障」(16・9%)、「増税や減税」(16・1%)でも上川さんが四割近い支持を集めた。「原発政策」で判断した人は6・7%、「TPP」は1・8%だった。

 尾崎剛司さん(維新)への支持は17・1%と、小池さんの17・0%と互角で第三極への支持が分裂した格好。河瀬幸代さん(共新)は共産支持層以外に支持が広がらなかった。

 比例代表では、26・2%の支持を集めた自民に次いで、維新が22・3%と支持を広げた。民主は14・9%にとどまった。

 調査では、原発のあり方についても「直ちにゼロに」「将来ゼロに」「減らす」「減らさず推進」「無回答」の五択で質問。上川さんに投票した人のうち約半数が「将来ゼロに」を選択した。

◆3区 宮沢さん御前崎で47%

写真

 中部電力浜岡原発(御前崎市)のお膝元3区でも「原発政策」は有権者にとって四番手の関心事にとどまり、原発問題に積極的には触れなかった宮沢博行さん(自新)が初当選した。

 3区では、原発を「将来ゼロに」と答えた人が51・7%と最多。「直ちにゼロに」と答えた人は17・6%だった。宮沢さんは「将来ゼロに」をはじめ、「減らす」「減らさず推進」「無回答」の各層で最も支持を集めた。鈴木望さん(維新)に投票した人が最も多かったのは、「直ちにゼロに」と答えた層だけだった。

 どの候補に投票したか市町別に見ると、浜岡原発が立地する御前崎市でも宮沢さんが47・9%と、鈴木さんの20・8%に二倍の差をつけた。鈴木さんは、市長を務めた磐田市で宮沢さんの37・0%に迫る34・8%を獲得したが、自民への追い風は強く、浜松市天竜区を含む七市区町すべてで、宮沢さんが最も支持を集めた。

 鈴木さんに投票した人の中でも「将来ゼロに」と望む人は55・0%に上り、宮沢さんに投票した人で「将来ゼロに」と答えた人の割合47・1%をも上回る。鈴木さんの主張に反し、早期廃炉には慎重な有権者の意識が、垣間見えた格好だ。

 ふだん支持している政党別では自民が31・3%で最多、民主が二番手の24・6%。比例票を今回どこに投じたか尋ねると自民が30・9%、二番手は維新の23・9%で、18・0%にとどまった民主から維新に流れた形だ。

◆8区 民主支持層 第三極に

写真

 8区では自民支持層の81・2%を固めた塩谷立さん(自前)が、斉藤進さん(民前)に敗れた前回の雪辱を果たした。斉藤さんは民主支持層の投票が53・1%にとどまり、第三極などに票が流れた。

 塩谷さんは公明支持層の76・8%、支持政党なし層の33・5%に浸透。年代別では七十代と八十代以上で過半数に達する支持を集めた。

 民主支持層は25・4%が源馬謙太郎さん(維新)、4・2%が太田真平さん(未新)に流れた。前回斉藤さんに投票した人の35・0%が源馬さんに投票した。源馬さんは支持政党なし層で最も多い39・5%に食い込んだ。

 重視する政策別では、最も多かった「景気対策」を挙げた有権者の55・6%が塩谷さんに投票。「増税や減税」、「福祉や社会保障」を挙げた人でも塩谷さんが40%を超える支持を集めた。

 ただ「原発政策」を重視した人では、塩谷さんへの支持は24・0%で、斉藤さんの26・4%、源馬さんの25・6%に及ばなかった。

 平賀高成さん(共元)と太田さんは、それぞれ共産、未来支持層を固めたが、支持の広がりを欠いた。

 比例の投票先では自民が29%、維新が26・4%で競り合った。民主は15・2%で三番手に低迷。みんなは7・9%、未来も4・1%を集め第三極の伸長が目立った。

 政策別では「景気対策」と「外交と安全保障」を重視する人で自民への投票が目立ち、「地域主権」と「公務員改革」は維新が60%超の支持を集めた。

出口調査の方法 静岡1、3、8区の投票所で、投票を終えた有権者に「誰に投票したか」「投票で最も重視した政策」「国内の原発」など10項目を聞いて集計した。