文字サイズ

静岡ニュース

静岡1区の候補者が持論をアピール 合同個人演説会

合同個人演説会で支持を訴える候補者=静岡市駿河区で

写真

 衆院選静岡1区の候補者による合同個人演説会が八日、静岡市駿河区のツインメッセ静岡であり、立候補したみんな新人の小池政就さん(38)、自民元職の上川陽子さん(59)、民主前職の牧野聖修さん(67)、共産新人の河瀬幸代さん(61)が持論を訴えた。維新新人の尾崎剛司さん(36)は欠席した。

 静岡青年会議所が企画した。原発・エネルギー問題に関して、小池さんは「現状では原発の再稼働はあり得ない。世界標準の安全基準ができていない」、上川さんは「基本的には原発ゼロ。新しいエネルギーの開発に積極投資したい」、牧野さんは「二〇三〇年代に原発をゼロにする。エネルギーの多様化を進める」、河瀬さんは「原発は即時ゼロを提案する。稼働を続ける限り、処理できないごみが増え続ける」と、それぞれ語った。

(加藤隆士)