文字サイズ

静岡ニュース

誇れる日本取り戻す 掛川で自民・安倍総裁訴え

選挙応援で掛川入りし、有権者と握手を交わす安倍晋三自民党総裁=5日午前、JR掛川駅前で

写真

 自民党の安倍晋三総裁が五日、衆院選静岡3区に立った候補の応援のために掛川市を訪れ、JR掛川駅北口で候補とともに党への支持を訴えた。

 安倍総裁は「今回は国民の政治への信頼を取り戻す選挙だ」とし、「もう恥ずかしくて私たちは『マニフェスト』という言葉は使いません」と、混迷した民主党政権を皮肉った。

 重要課題として、いじめ防止などの教育や、外交に関する政策の実現を唱え、「われわれは政権を奪還し、一生懸命頑張った人が報われる経済をつくる。外国から侮られない外交と、誇れる日本を取り戻していく」と訴えた。

 その上で「この選挙は負けるわけにはいかない。日本人がこの国に生まれたことを誇りに思う、幸せに思う日本を取り戻すためだ」と呼び掛けた。