文字サイズ

長野ニュース

再生自民アピール 石原前幹事長、諏訪で訴え

街頭演説する自民党の石原伸晃前幹事長=諏訪市のJR上諏訪駅前で

写真

 自民党の石原伸晃前幹事長が十三日、党衆院選候補の応援で県内入りし、諏訪市のJR上諏訪駅前で街頭演説して支持を訴えた。

 石原前幹事長は今選挙の争点を「日本を取り戻すため、三年三カ月の民主党政権に『ノー』というレッドカードを示すかどうかだ」と指摘。野党となった自民党は貴重な経験をしたとし、「選挙に勝てば自分の足で皆さんと同じ目線でものを見てきた若い世代が主力になる」と生まれ変わった党をアピールした。

 重要課題の一つに社会保障制度改革を挙げ「財源と給付が見合ったものでなければならない。もう一度デザインし直す仕事をさせていただきたい」と理解を求めた。

(中沢稔之)