文字サイズ

長野ニュース

「日本を前進させた」 安曇野で民主前原国家戦略相

街頭演説で支持を呼び掛ける前原国家戦略担当相=安曇野市で

写真

 民主党の前原誠司国家戦略担当相が十一日、安曇野市の成相交差点で街頭演説し、集まった市民に支持を呼び掛けた。

 前原氏は、政権交代後に改善した失業率や有効求人倍率などの数値を挙げ「民主党は三年三カ月で確実に日本を前進させた」と強調。公共事業を減らし、その分を地方交付税や社会保障費の増加に充てたと説明した。

 また、二〇〇九年の総選挙時に問題となっていた救急車によるたらい回しなどに触れ「小泉構造改革以降、社会保障費が減らされて医療崩壊を招いた。政権交代で無駄な公共事業を削り、命への投資、生活への投資をしてきた」と力を込めた。

 建設国債を発行して十年間で二百兆円の公共事業投資を目指している自民党を批判し、「民主党の改革を継続するためにお力を賜りますよう心からお願い申し上げる」と述べた。

(斉藤珠美)