文字サイズ

長野ニュース

民主、5区に花岡氏を擁立

会見する花岡明久氏=長野市内で

写真

 民主党県連は二十五日、空白区になっていた衆院長野5区の公認候補に民主党職員の花岡明久氏(33)=東京都中野区=を擁立すると発表した。

 花岡氏は長野市出身。千葉商科大卒業後、二〇〇七年から民主党本部に勤務し、国会対策などに携わってきたという。近く辞職し、住民票も5区内に移す予定。

 花岡氏は二十五日、長野市内で開いた会見で「南信地区は県内の中でも有効求人倍率が最低水準。雇用を確保して南信の発展を実現し、地域格差を解消したい」と述べた。

 長野5区では、前回選挙で民主から出馬して当選した加藤学氏(43)が消費増税に反対して離党し、「国民の生活が第一」から出馬を予定。民主は空白区になったため、党県連が地元を中心に公認候補の人選を進めていた。

 このほか、自民元職宮下一郎氏(54)、共産新人三沢好夫氏(68)、社民新人池田幸代氏(40)が立候補を予定している。 (小西数紀)