文字サイズ

長野ニュース

寺島氏が正式出馬表明 民主3区羽田氏後継

 寺島義幸県議(59)=佐久市・北佐久郡区選出=は二十三日、佐久市内のホテルで会見し、引退した羽田孜元首相(77)の後継として、衆院長野3区から立候補すると正式表明した。民主党が近く公認する見通し。二十七日に県議の辞職届を提出する。

 寺島氏は立科町出身。羽田元首相の秘書を経て一九九一年四月に県議に初当選し現在六期目で、二〇一〇年三月から一年間議長を務めた。会見では「羽田元首相の志を引き継ぎ、二十二年間の地方自治の経験を生かして地方の思いを国政につなげたい」と決意を語った。

 政策面は、景気と雇用の回復を図り「大事な医療、介護や教育政策を進める」と述べた。民主党が推進する環太平洋連携協定(TPP)は「さまざまな分野で国益につながるかどうか、慎重に議論する」との考えを示した。

 羽田元首相の後援会「千曲会」は当初、後継に長男の雄一郎国土交通相(45)=参院長野選挙区=の推挙を決めた。しかし雄一郎氏が野田佳彦首相の掲げる「脱世襲」の方針に従い、くら替え出馬断念を表明。寺島氏が急きょ後継に指名された。

 長野3区では、いずれも新人の自民党木内均氏(48)、共産党岩谷昇介氏(59)、みんなの党井出庸生氏(35)、日本維新の会井出泰介氏(44)が立候補を表明している。

(酒井博章)