文字サイズ

長野ニュース

羽田元首相後継に寺島県議 3区出馬へ

 政界を引退した羽田孜元首相(77)=長野3区=の後援会「千曲会」は二十一日、後継候補として寺島義幸長野県議(59)の擁立を決めた。民主党県連は二十二日にも党本部へ公認申請する。

 寺島氏は長野県立科町出身で、羽田元首相の秘書を経て一九九一年四月に県議に初当選し、現在六期目。羽田元首相の後継選びをめぐっては、千曲会が十九日、長男の雄一郎国土交通相(45)=参院長野選挙区=を推挙。しかし雄一郎氏は「脱世襲」を打ち出した野田佳彦首相の方針に従い、二十日に出馬断念を表明していた。

 長野3区では、いずれも新人の自民党木内均氏(48)、共産党岩谷昇介氏(59)、みんなの党井出庸生氏(35)、日本維新の会井出泰介氏(44)が立候補を表明している。