文字サイズ

長野ニュース

羽田氏、くら替え断念表明

 民主党の羽田雄一郎国土交通相(参院長野選挙区)は二十日、記者会見し、引退する父の羽田孜元首相の後援会から後継指名されていた衆院長野3区からの立候補を断念する意向を表明した。「脱世襲は例外なく推進する」とした野田佳彦首相の方針を尊重した。

 羽田氏は会見で「党の方針に背いて出馬し、厳しい選挙環境で戦っている同志に迷惑をかけるわけにはいかない」と説明した。

 元首相の後援会は「最適任者」として長野3区の候補者に長男の羽田氏を決定。羽田氏は「後援会から『世襲でなくくら替え』と言われ、そう思っていたが、党の方針に従いたい」と無念さもにじませた。党執行部は羽田氏がくら替え出馬した場合公認しない方向で調整していて、羽田氏が無所属になるのを覚悟で挑むのかが焦点になっていた。民主党は自民党との違いを鮮明にするため、国会議員の世襲禁止をマニフェストに明記する方針。