文字サイズ

長野ニュース

羽田元首相後援会、雄一郎氏を後継に

 衆院解散で政界を引退した羽田孜元首相(77)=長野3区=の後援会「千曲会」は十九日、長野県東御市内で会合を開き、長男の羽田雄一郎国土交通相(45)=参院長野選挙区=を後継候補に推すことを全会一致で決めた。

 民主党本部は野田佳彦首相が自民党との違いを打ち出すために「脱世襲」を掲げ、雄一郎氏がくら替え出馬しても公認しない方針だが、千曲会は会合終了後、民主県連に雄一郎氏の推挙を伝え、県連が党本部に公認申請するよう求めた。

 千曲会の羽田健一郎会長代行は会見で「雄一郎氏が無所属で出馬するかどうかは本人の覚悟と判断だが、出る場合は全面的に応援する」と述べた。雄一郎氏は態度を明らかにしていない。

 長野3区では、いずれも新人の自民党木内均氏(48)、共産党岩谷昇介氏(59)、みんなの党井出庸生氏(34)が立候補を表明している。