文字サイズ

三重ニュース

消費税増税を批判 四日市で共産党・市田書記局長

 共産党の市田忠義書記局長が十一日、四日市市の近鉄四日市駅前で衆院選の応援演説をし、2区と3区の候補者らへの支持を求めた。

 市田書記局長は、最大の争点に消費増税を挙げ「暮らしも財政も破壊する最悪の道」と批判。「民、自、公の三党談合でごり押しした消費増税を許してもいいんですか」と聴衆に問いかけた。

 自民党が主張する集団的自衛権の行使や自衛隊の国防軍化も厳しく非難し、「戦後貫いてきた名誉ある地位を失うことになる。共産党の躍進で、戦争できる国づくりにストップをかけましょう」と声を張り上げた。

(佐野周平)