文字サイズ

三重ニュース

<第一声> 4区

上から届け出順。

◆森本 哲生さん(63) 民前 福祉など課題解決

 「多くの方々とあすの勝利を目指して頑張れる。男冥利(みょうり)に尽きる」。小選挙区で当選した前回選と同じ、松阪市上川町で出陣式を開き、大勢の支援者を前に感謝の言葉を伝えた。

 衆院農水委筆頭理事として、中山間地を守るための法案成立や地元のまちづくりに貢献した実績を強調。「この地域でしっかり暮らせるよう努力したい」と声を張り上げた。

 福祉や経済などの課題解決に引き続き取り組む姿勢を示し「多くの人に幸せを与える政治家になりたい」と三選への決意を語った。

    ◇

 事務所・松阪市下村町1118−1(電)0598(60)0567

◆田村 憲久さん(48) 自前 この国を立て直す

 「もう一度、この国を立て直す」。松阪市田村町のショッピングモール駐車場で開いた出陣式。強風に負けないような大声で訴えた。五分余りの演説中、「三年」という言葉を九回も使って野党に転落した前回の衆院選から現在までを振り返り「野党として(民主党政権の)矛盾点を国民にご理解いただくべく努力してきた」と実績をアピールした。

 「まだまだこの地域のためにやらなくてはいけないことがある。必ず勝ちにいく」と決意を述べ「日本を取り戻す」と書かれた鉢巻きを締めた。

    ◇

 事務所・松阪市茶与町28−2(電)0598(25)6580

◆中川 民英さん(45) 共新 国民主人公の国に

 「日本を、国民が主人公の国に変えたい」。松阪市京町のJR松阪駅前で最初の街頭演説をした。原発問題、消費増税、日米関係などに触れて「この選挙を、六十年続いた古い自民党型政治から脱却するチャンスにしよう」と呼び掛けた。

 現政権を「自民党とうり二つになって失敗した」と批判。「アメリカの言いなり、財界中心、この二つの罪悪から逃れられなかった。国民の声にも無視し続けている」

 「私は国民とともに行動します。どうか国会に送り込んでください」と締めくくった。

    ◇

 事務所・松阪市若葉町480−1(電)0598(52)0925