文字サイズ

三重ニュース

解散受け県内各党の談話

 衆院解散を受けて、県内の各党が談話を発表した。

◆民主 全選挙区勝利へ

 <民主党県連・舘直人幹事長>民主党を取り巻く情勢は大変厳しく、危機的な状況にある。党が正念場を迎えている時だからこそ、政権交代を果たした原点に立ち返り、理念や立ち位置、目指す社会像を確認しながら時計の針は戻さないとの思いで全選挙区の勝利を目指し全力で戦う。

◆自民 誠心誠意、政策を

 <自民党県連・水谷隆幹事長>諸問題の難局を打開し、強く豊かな日本を築き、取り戻す選挙だ。わが党は新しい自民党として誠心誠意、政策を実行していく。「日本再起」に向け、外交や震災被災地の復興、景気対策など山積した政策に責任政党として全力を尽くして戦う。

◆公明 ぶれない政治で

 <公明党県本部・中川康洋代表>破綻した民主党のマニフェストをはじめ民主党政治を総括し、厳しい審判を下す選挙だ。公明党は防災・減災の取り組みなど常に生活者の側に立った「ぶれない政治」を貫いてきた。全国九小選挙区の完勝と比例東海ブロック三議席獲得に全力で戦う。

◆共産 審判仰ぐ戦いを

 <共産党県委員会・大嶽隆司委員長>解散は、野田内閣が、消費増税やオスプレイ配備、原発の再稼働など国民の利益に反する政治の暴走を続けてきたことに対して、国民の怒りがあがり、追い詰められた結果だ。消費増税や基地問題など堂々と議論して審判を仰ぐ戦いをし躍進を目指す。