文字サイズ

三重ニュース

前津市長、維新で三重1区出馬へ 

 前津市長の松田直久氏(58)が次期衆院選で三重1区に出馬することを決めた。橋下徹大阪市長率いる日本維新の会の公認を得る方向で最終調整している。

 関係者によると、既に1区での出馬を近い支援者らに伝えた。松田氏は九月末に維新の公開討論会に参加していた。近く態度を明らかにする。

 ただ民主党も松田氏擁立を検討しており、松田氏は取材に「今ははっきり言えない」と答えるにとどめた。

 一方、1区で出馬表明していた、みんなの党新人の中田匡紀(まさのり)氏(43)は出馬を見送る。十五日、党に伝えた。1区で維新候補が出馬すると想定して第三極の結集を目指すため辞退したという。中田氏は「有権者の選択肢を明確にするため、候補者の一本化が必要だと考えた」と述べた。

 三重1区には、自民比例の川崎二郎氏(65)と共産新人の岡野恵美氏(60)が出馬する。民主は中井洽氏(70)の引退表明を受け、候補者選びを進めている。