文字サイズ

岐阜ニュース

<本紙世論調査> 1区は民主、自民が接戦

写真

 十六日投開票の衆院選に向け、中日新聞社が実施した序盤の情勢調査で、取材も加味すると、県内では2、3、4、5区で、いずれも自民党の候補が優位に立っている。1区は自民と民主党の候補が競り合っている。

 二〇〇九年の衆院選まで全五選挙区を独占していた自民が、「保守王国」の復活を目指して支持を固める構図が浮かび上がった。ただ、現段階で小選挙区の投票先を決めていない人が六割以上いるため、情勢が変わる可能性もある。

 比例代表も、調査対象の半数以上が投票先を決めていなかったが、投票先を既に決めた人のうち四割近くが、自民に票を投じると回答した。民主は二割に届かず、一割超の日本維新の会が続いた。

 調査は、一、二両日に県内の二千人を対象に実施した。

 【1区】

野田 聖子52 自前<6>

鈴木 正典49 共新

野原 典子56 諸新

柴橋 正直33 民前<1>

笠原多見子47 未前<1>

 野田と柴橋がほぼ横一線の争い。笠原、鈴木、野原は離されている。

 強固な後援会組織をもつ野田は、自民支持層の七割をまとめた。柴橋は民主支持層の九割を固め、政党支持なし層にも浸透している。笠原は未来、鈴木は共産支持層からの支持が多い。

 年代別では、三十代以下が柴橋、四十代以上は野田に支持が広がっている。

 【2区】

高木 光弘53 共新

堀   誠39 民新

棚橋 泰文49 自前<5>

橋本  勉59 未前<1>

 棚橋が自民支持層の九割を固め、維新、民主支持層にも浸透。

 橋本は未来支持層をまとめ、維新支持層の一部にも食い込んで棚橋を追っている。堀は民主支持層を固め切れていない。高木は苦しい戦い。

 【3区】

武藤 容治57 自元<1>

服部 頼義54 共新

園田 康博45 民前<3>

木村 周二55 未新

 武藤は自民支持層の九割を固め安定した戦い。園田は民主支持層の九割をまとめたが、政党支持なし層からの支援が伸び悩んでいる。服部は共産支持層以外への浸透が課題。

 公示前日に出馬表明した木村は、調査対象に入っていない。

 【4区】

今井 雅人50 維前<1>

日下部俊雄64 共新

熊崎 陽一25 民新

金子 一義69 自前<8>

 金子は自民支持層の九割を固め、政党支持なし層にも浸透。未来、維新支持層の一部にも食い込む。追い上げる今井は維新支持層の六割を固め、政党支持なし層への浸透を図る。熊崎は民主支持層以外への広がりが課題。日下部は厳しい戦い。

 【5区】

加納有輝彦52 諸新

井上  諭45 共新

阿知波吉信49 民前<1>

古屋 圭司60 自前<7>

 自民支持層を固めた古屋は、維新支持層や政党支持なし層にも食い込む。

 民主支持層を固めて追う阿知波は、未来支持層にも食い込んでいる。井上、加納は支持が広がっていない。

 (衆院選取材班・文中敬称略)