文字サイズ

愛知ニュース

<13区>大見さん、厳しかった

握手で祝福される大見正さん(中)=安城市で

写真

 県議から国政に挑み初当選した大見正さん(自新)は、安城市内の事務所で大勢の支持者に囲まれ「非常に厳しい選挙だった。約束した経済活性化や国民の安心安全を取り戻す政策を行いたい」と笑顔を見せた。自民、民主陣営による事実上の一騎打ちの様相となった中、一日三十〜四十回の街頭演説を重ねて政権交代を訴え、幅広い支持を得た。

 大西健介さん(民前)は比例で復活当選したが、小選挙区では負け、安城市の事務所で支援者に「もう一歩だった。次はどんな逆風でも当選できるよう出直す」と誓った。

 小林興起さん(未前)は安城市の事務所で「日に日に手応えを感じたが、時間が足りなかった。準備不足だった」と淡々と敗戦の弁を述べた。