文字サイズ

愛知ニュース

期日前投票伸び悩む 11、14区 

 11区の小選挙区の期日前投票者数は十四日までで七万二千六百十三人。前回二〇〇九年の同時期より一万人余り減っている。

 選挙管理委員会によると、豊田市(旧稲武町区域を除く)は六万六千五百六十一人、みよし市は六千五十二人。〇九年の11区は県内十五選挙区で最も多く、全投票者に占める割合は三割を超えた。

 選管は低調な理由について、政権交代が注目された前回と比べて関心が低いうえ、冬場は外出を嫌う人が多くなることを挙げた。担当者は「自民は候補者擁立が遅れ、支持者の出足が鈍った可能性も考えられる」と話す。

 14区の旧稲武町区域も十四日時点で、前回より四十八人少ない三百十三人となっている。

 期日前投票は、十五日も午前八時半〜午後八時にできる。豊田市は市役所東庁舎や支所など、みよし市は市役所で受け付けている。