文字サイズ

愛知ニュース

首相、国府宮駅前で熱弁

 愛知入りした野田佳彦首相は六日午前、名鉄国府宮駅前で愛知9区の民主前職(41)応援のため演説。「自民党はまた公共事業をばらまくそうです。大盤振る舞いでデフレから脱却できないことは歴史が証明している」と自民批判を繰り広げた。

 民主政権の経済対策を「成長分野を探し、雇用を生む。医療、介護、健康が柱」とアピール。「種まきが大事。ばらまきとは違う」と訴えかけた。

 自民党の安倍晋三総裁に対しては「安倍政権の時に消えた年金問題が発覚した」と指摘。「国家プロジェクトとして取り組み、年金を受け取れる人が出てきた」と、政権交代の成果を強調した。

 野田首相の遊説では、十一月二十六日に安城市で遊説車の屋根に上がろうとした際、転落しかけるハプニングがあった。この日は、安全のため組まれた足場を使って登った。