文字サイズ

富山ニュース

税率10%時に軽減税率導入を 公明・山口代表が富山で応援演説

連立与党の成果を強調し、支援を求める公明党の山口那津男代表=10日、JR富山駅前で

写真

 公明党の山口那津男代表は十日、衆院選の比例代表北陸信越ブロックの候補応援のため富山県入りした。JR富山駅前での街頭演説では、「消費税10%引き上げ時に軽減税率の導入を目指すというところまでようやくきた。これをやり遂げるため、富山の後押しが必要だ」と訴えた。

 山口代表は、社会保障の安定と国の財政再建を進めるため、消費税の再増税は必要と説明。増税による景気の腰折れを防ぐためにも、食料品など生活必需品の消費税率を低く抑える軽減税率の導入によって「消費を冷え込ませないで済む」と強調した。

 来年三月の北陸新幹線開業にも触れ、観光を含めた交流人口の拡大が「富山の発展の道だ」と訴え、ここ二年間で訪日外国人を増やした連立政権への支援を求めた。 (川田篤志)