文字サイズ

富山ニュース

期日前投票2875人増 前回選同期比「制度が浸透」

 県選管は八日、衆院選の期日前投票を済ませた県内有権者が、七日時点で二万二千六百三十一人だったと発表した。県内選挙人名簿登録者数の2・5%にあたり、二〇一二年の前回選同時期より二千八百七十五人(14・6%)増えた。

 二選挙区に分かれている富山市を含め十五市町村すべてで、前回より増えた。増加した要因について、県選管は「期日前投票の制度が浸透しているのではないか」と分析している。

 前回選では、最終的に約九万八千人が期日前投票をした。今回の期日前投票は十三日まで受け付けている。

  (川田篤志)