文字サイズ

富山ニュース

冷たい政治変える好機 1区 共産・高橋さん事務所開き

ガンバロー三唱で必勝を誓う高橋渡さん(中)=富山市荒川2で

写真

 富山1区で出馬を予定する共産党新人の高橋渡さん(51)の事務所開きが二十八日、富山市荒川二の事務所であり、高橋さんは「格差を拡大してきたアベノミクスから、国民の生活が第一の経済政策に転換する」と訴えた。

 高橋さんは「冷たい政治を変える絶好のチャンス。これ以上の増税では、暮らしが成り立たなくなる」と消費税増税に反対の声を上げた。環太平洋連携協定(TPP)交渉の撤退や脱原発も訴え、「富山1区で集団的自衛権の行使容認にストップと言えるのは私だけだ」と語気を強めた。

 党県委員会の上田俊彦委員長は「今回は自共対決の選挙だ」と力を込め、ガンバロー三唱。集まった支持者らに必勝を誓った。 (豊田直也)