文字サイズ

富山ニュース

市民の目線で地に足を 1区維新 吉田さんの選対本部設置

総合選対本部を設置し、衆院選に向けて意気込みを話す維新の党県総支部長の柴田巧参院議員(奥)=富山市内で

写真

 維新の党県総支部は二十七日、富山市内で幹事会を開き、党公認で衆院選富山1区から出馬する元県議で新人の吉田豊史さん(44)の総合選対本部を設置した。

 幹事会では幹部十人が出席し、県総支部長の柴田巧参院議員を統括責任者に、副支部長の場家茂夫氏を選対本部長とすることを決めた。場家氏は「私たちの選対は総括責任者以外は全て一般の人。候補者と一緒に市民の目線でしっかりと地についた戦いをしていきたい」と意気込んだ。

 柴田氏は、候補を擁立しない富山2区について、「社民から特に持ちかけはないが、そこは、あうんの呼吸みたいなことが野党間ではあるんだろうと思う」と2区での社民党との連携に含みを持たせた。 (伊勢村優樹)