文字サイズ

富山ニュース

きれいな選挙実現を 推進会議 法厳守など要望声明

会議であいさつをする県選管の野尻昭一委員長(中)=県農協会館で

写真

 衆院選を前に、公正な選挙を目指す「きれいな選挙推進会議」が二十六日、富山市新総曲輪の県農協会館であり、候補者や政党などに公選法の厳守を求め、有権者には棄権せず選挙権行使を呼び掛ける共同声明を取りまとめた。

 県選管と県警、富山地検、県明るい選挙推進協議会から十一人が出席した。県選管の野尻昭一委員長が「今回の選挙は国民生活が決まる、意義のあるもの。きれいな選挙は民主主義の根幹だ」とあいさつ。戸別訪問や寄付の禁止、インターネットでの選挙活動の制限などを確認した。

 二十六日までに県警による選挙関連の警告がないことや、投票所まで行けない高齢者が多いという課題も報告された。 (杉原雄介)