文字サイズ

富山ニュース

「悪政に鉄つい下す」 2区 社民・東さんが会見

「自民の悪政に鉄ついを下すために勝利したい」と意気込む東篤さん=富山市内で

写真

 衆院選富山2区に出馬の意向を固めた社民党県連役員の東篤さん(54)が二十三日、富山市内で会見を開き、「自民の悪政に鉄ついを下すために勝利したい」と意気込んだ。

 東さんは今回の衆院解散を「首相の自己延命のためで、大義のない選挙だ」と痛烈に批判。アベノミクスの影響で円安となり、小麦などの食品が値上がったとし、「国民生活を何も考えていない現れ。経済政策の失敗をしっかりと訴えたい」と述べた。

 集団的自衛権の行使容認を許さない考えを示し、「国際紛争があれば、外交など話し合いで治めるのが政治家の仕事。政治家自ら戦争行為を行えるようにするのは、政治家の仕事を放棄したことと等しい。しっかりと憲法を守りたい」と訴えた。 (広田和也)