文字サイズ

富山ニュース

広野氏の2区擁立 県連、党本部に打診

生活の党富山

 生活の党富山県連の呉松福一代表代行は二十二日、衆院選に出馬する意向の元参院議員の広野允士(ただし)氏(71)を、富山2区で擁立するよう党本部に伝えていることを明らかにした。同県砺波市であった維新の党県総支部設立総会会場で、記者団の質問に答えた。呉松代表は「比例代表との重複立候補を申請したが、党本部に決定権があり、比例単独になる可能性もある。社民党候補の出馬も考えられ、党本部間の調整次第」と話し、二十四日にも方針が決まるとの見通しを示した。