文字サイズ

富山ニュース

維新、県総支部を設立 代表・柴田氏 1区の必勝誓う

衆院選での野党結集を呼び掛けた維新の党県総支部設立総会=砺波市三島町で

写真

 維新の党県総支部の設立総会が二十二日、砺波市三島町の砺波平安閣であり、代表に柴田巧参院議員を選ぶとともに、衆院選富山1区に党公認で出馬する吉田豊史氏の必勝を誓った。

 総会には約四百人が出席。柴田代表は「アベノミクスの是非を問う選挙だが、安倍政権では肝心要の第三の矢の成長戦略ができないことが明らかになった」と批判。1区で民主党の村井宗明元衆院議員が出馬しないことに、「村井さんは野党結集のため身を引かれた。その思いを生かすためにも勝たなければならない」と強調した。

 来賓の民主党、生活の党関係者も「村井さんと吉田さんの票を足せば、自民候補に負けない」「富山の自民に風穴をあけねばならない」などと声を張り上げた。

 吉田氏は「仲間と力を合わせ、先頭に立ちたい」と力説し、全員のガンバロー三唱で締めくくった。 (堀場達)