文字サイズ

静岡ニュース

駿河区で二重投票

 静岡市選管は十四日、駿河区の投票所で、衆院選の期日前投票を済ませた有権者が再び比例代表に投票する二重投票があったと発表した。

 市選管によると、投票所を訪れた六十代男性が五日に期日前投票していたことを名簿で確認。本来は最高裁裁判官国民審査の用紙のみを交付するところ、比例代表の用紙配布係が誤って投票用紙を交付してしまった。小選挙区は係員が投票用紙を渡さず、ミスはなかった。一時間ごとに行う入場券と投票用紙の集計で判明した。同時に男性も投票所の担当者に二重投票を申し出た。市選管の担当者は「二重投票はいずれも有効になる。再発防止のため、名簿確認に加え、用紙配布係の確認も徹底する」と話した。