文字サイズ

静岡ニュース

県内小選挙区 自民6勝 民主2勝 前回と変わらず

 静岡県内の八小選挙区は、自民党が全国での勢い通りに六選挙区を制し、衆院解散前の勢力を維持した。不振が続く民主党は改選前の二選挙区を死守。比例代表で解散時に二議席を有した維新の党は議席を失い、第三極勢力が消滅した。

 自民前職の当選は、1区の上川陽子氏、2区の井林辰憲氏、3区の宮沢博行氏、4区の望月義夫氏、7区の城内実氏、8区の塩谷立氏。民主前職は5区の細野豪志氏、6区の渡辺周氏が当選した。

 比例代表東海ブロックの県内関連では、単独候補の公明前職大口善徳氏、共産新人島津幸広氏が当選。小選挙区で落選した自民前職の勝俣孝明氏(6区)、民主元職小山展弘氏(3区)が復活当選した。

 自民は、序盤から堅調に戦いを進め、従来の組織票に加え、支持政党を持たない層からも支持を集めた。衆院解散前に「政治とカネ」の問題が発覚した望月氏も守りの戦いで勝ち抜いた。前回は比例で復活当選した5区の前職吉川赳氏は届かなかった。

 民主は野党に転落後、まだ有権者の信頼を回復できず、急な衆院解散・衆院選で準備不足もたたって、支持政党を持たない層に浸透しきれなかった。民主と維新の野党共闘が注目された3区は小山氏が善戦したが、小選挙区では及ばなかった。比例での復活当選により、民主は改選前から一議席増やした。

 維新は前職小池政就氏(1区)と新人源馬謙太郎氏(8区)が落選。共産は小選挙区では議席を獲得できなかったが、非自民層の支持を集め得票を伸ばした。