文字サイズ

静岡ニュース

期日前投票始まる

期日前投票所で一票を投じる有権者ら=3日午前、浜松市役所で(袴田貴資撮影)

写真

◆寒風なんの まず「一票」

 衆院選(十四日投開票)の期日前投票が三日、静岡県内でも始まった。午前八時半から五十三カ所に投票所が設けられ、有権者が早速足を運んだ。期間中は計百三カ所で設置される。

 浜松市役所では、北館一階会議室には静岡7区、8区の期日前投票所を開設した。7区の候補者に一票を投じた無職の男性(73)は「報道で候補者と政党の主張を見て投票先を選んだ。年金生活なので消費増税が痛手。上げるにしても有効な使い方を求めたい」と話していた。

 期日前投票の受付時間や日程は投票所によって異なるが、各市区町で一カ所は土、日曜も含め午前八時半から午後八時まで受け付けている。最高裁裁判官国民審査の期日前投票は七日から。

 二〇一二年の前回選では、県内の小選挙区の投票率は61.75%。小選挙区比例代表並立制に移行した後、最高だった前々回を9.06ポイント下回った。期日前投票をした人は三十一万九千三百八十三人で、投票率は10.37%だった。