文字サイズ

滋賀ニュース

<第一声> 1区

 上から届け出順。

◆川端達夫さん(69)=民前 自民1強に歯止めを

 三つの思いがある。一つ目は自民一強に喝を入れる。集団的自衛権行使容認の閣議決定や特定秘密保護法の強行採決。やりたい放題する数の力をストップかける。

 二つ目。アベノミクスは株高や一部企業の収益だけをものさしに、暮らしを破壊している。物価上昇に給料が追いつかない。派遣労働者が増え正社員は減った。今こそ流れを変え、暮らしを守る。

 そして三つ目。川端を使ってほしい。国会に送ってもらい二十八年。経験、人脈がある。国対委員長になり川端の下ならと野党が協力してくれた。教育、地域のこと、いろんなことをする力を蓄えた。もっと役に立つ仕事ができる。三つの思いを一票に結集してもらいたい。 =大津市本宮一で

◆佐藤耕平さん(32)=共新 消費税増税を廃案に

 憲法守れ、戦争反対、消費税上げるな、給料上げろ、原発いらない、特定秘密保護法絶対いらない。これが今の青年の声、国民の怒り。揚げ句の果てには戦争する国づくり。青年の命を踏みつけにする安倍政権は絶対許せない。

 アベノミクスは貧困を増やし格差を広げてきた。この二年間で非正規雇用が増え、正規雇用は減っている。賃金が低く抑えられ、安定した雇用がない。そんなことでは経済成長、経済回復は実現できない。ブラック企業規制法を作り、大企業の内部留保を活用して労働者の安定した雇用を増やす。

 消費税増税はきっぱり廃案にしていく。どうか皆さん、この道を一緒に実現しようではありませんか。 =JR瀬田駅前で

◆大岡敏孝さん(42)=自前 安定した雇用増やす

 国道161号整備、二年続いた大雨災害からの復旧、大津のいじめ事件への対応など地域課題を解決した。国では経済、教育、外交の立て直しで一定の成果を出せたが課題も見つかった。課題を謙虚に受け止め解決策を示したい。

 今回は日本のためにも地元のためにも負けられない選挙。誠実に謙虚に政策を訴えていく。バランスの良いエネルギー源を作るためにも安全性が確認された原発は再稼働が必要。票が減ると思われることも正直にお伝えし、審判を受けたい。

 日本をもう一度成長させ、世界中から憧れを呼ぶような国を作る。世界に開かれた海洋国家としての日本を作る。その力を私に与えてください。 =大津市打出浜で