文字サイズ

長野ニュース

【5区】宮下さんが圧勝 「第三の矢、完成目指す」

支援者と万歳して当選を喜ぶ宮下一郎さん=伊那市で

写真

 自民前職の宮下一郎さんが、民主、共産の新人を大差で退け、四選を果たした。

 伊那市の上伊那農協本所で支持者が当確の一報にわく中、宮下さんが来場。歓声や拍手に包まれ、支援者と握手を交わすと「日々元気に戦えたのも皆さんの支えのおかげ」と深く頭を下げた。

 また「アベノミクス第三の矢を地域創生を通じて完成させたい。伊那谷をそのモデルとする旗振り役となる」と、力強く抱負を語った。

 前回返り咲きを果たした宮下さんは、党経産部会長の経験や財務副大臣の職を得た上での戦い。公示前から優勢の声が高かったが、陣営は後援会組織の引き締めを強化。地域や支援団体単位の集会を重ねるなどして、着実に支持を広げた。

◆民主新人・中嶋さん、次を見据える

落選が決まり支持者にお礼のあいさつをする中嶋康介さん=飯田市で

写真

 落選した民主新人の中嶋康介さんは、飯田市内の事務所で約三十人の支援者とともに、険しい表情でテレビの選挙速報を見つめた。

 5区の出身ではないが、「信州で生まれ、信州で育った」とアピール。「地域コミュニティーを活用し、挑戦する人を後押ししたい」と、地方や労働者を重視する政策を訴えるも、届かなかった。

 中嶋さんは「もう一回やらせていただけるのであれば、やる覚悟で進めていく」と次を見据えていた。

写真