文字サイズ

長野ニュース

景気回復、隅々まで 安倍首相が長野で演説

2年間の実績を訴える安倍首相=長野市のJR長野駅前で

写真

 十四日の衆院選投開票を控え、安倍晋三首相が十三日、県内入りし長野市のJR長野駅前で応援演説した。「デフレから脱却し雇用、賃金を増やすこと。景気回復の風を隅々まで送り届けることが私たちの使命。必ずやり遂げる」と訴えた。

 安倍首相は「アベノミクスとは企業の競争力や生産性を上げ、もうける力を強くすること。雇用は増え、賃金が上がり消費が拡大し経済が好循環する」と説明。「この二年間で雇用は百万人以上増えた。高校生の就職内定率は10%以上改善し、私たちの政策が実を結びつつある」と成果をアピールした。地方の景気対策について「雇用や賃金が良くなっていても長野では実感できないという声があるのは知っている。中小企業の皆さんが景気回復を実感できるようにする」と語り、支持を訴えた。

(小西数紀)