文字サイズ

長野ニュース

<第一声> 4区

 上から届け出順。

◆矢崎公二さん(55)民元 庶民の思い実現を

 安倍政権の強引な政治、自分の思いだけで日本を染め抜こうとする政治を見るにつけ、今回は必ず勝たなくてはいけないという決意を強くしている。

 アベノミクスで経済は良くなったと言うが、皆さんの給料やボーナスは上がったか。円安が進み、生活関連商品は値上がりし、庶民の生活は厳しくなっている。子育てへの安心を築き、雇用の安定をつくることこそが本当の豊かさだと思う。強い人のための政治から、生活者の思いを実現できる政治に変えたい。

◆後藤茂之さん(59)自前 責任ある政治改革

 景気は緩やかに回復している。安倍政権の経済政策はまだ道半ば。円安、株高、金利安によって産業を元気にし、賃上げや中小零細企業の納品単価の引き上げを通じて地域が成長戦略を実感できるようにする。

 社会保障制度を充実し、守っていくには消費税率の引き上げは当然。合わせて行政改革、議員定数の是正も実現しなければならない。地方創生の時代。地域が支え合う温かいコミュニティーを取り戻す。初心にかえって責任ある政治、責任ある改革を実行する。

◆上田秀昭さん(60)共新 国民の声を届ける

 国民の声を聞かずに暴走する政治から、国民の声が届く政治を実現しよう。

 消費税10%増税は先送りではなく、キッパリ中止。大企業の内部留保を活用して国民所得を増やすなど、消費税に頼らずとも介護や医療の財源はつくれる。アベノミクスはストップ、国民の暮らし第一の経済に立て直す。憲法九条を生かした平和外交を進める。

 原発再稼働はストップ、原発ゼロの日本に。米軍基地建設は中止し、平和な沖縄にする。五つの改革で新しい日本の政治を開こう。