文字サイズ

長野ニュース

連合長野が決起集会 民主代表も出席

 連合長野は二十六日、衆院選に向けた決起集会を長野市の県労働会館で開いた。出席した民主党の海江田万里代表は「選挙戦に向けて連合と民主党との団結の力が試される。ご支援をお願いしたい」と述べた。

 海江田代表は、「今の日本で大切なのは分厚い中間層を育てることで雇用の安定が重要だ。この点を重要政策としてマニフェストに掲げた」と強調。「安倍政権の方向性は極めて危険。思い上がった考え方をしている」と批判した。

 一方、連合長野は、決起集会の前に開いた執行委員会で、民主が公認した県内五つの小選挙区の立候補予定者の推薦を本部に申請することを決めた。

 2、4区の推薦の是非をめぐり、連合内部で意見が割れていたが、中山千弘会長は「反対の声もあったが、労働法の改悪を止めるために推薦を決めた」と述べた。

(武藤周吉)