文字サイズ

長野ニュース

小選挙区、社民と連携 民主県連、勢力拡大目指す

 民主県連は二十二日、自民県連と同じホテルで同時間帯に常任幹事会を開いた。選挙対策本部を設置し、小選挙区では社民県連と協力する方針を決めた。

 北沢俊美県連代表は「今回の解散は政治とカネの疑惑を隠すもので大義がない。『信州民主党』と堂々と言えるように成果を出したい」と述べ、現状の小選挙区二議席からの勢力拡大を目指す考えを示した。

 1区に篠原孝氏、2区に下条みつ氏、3区に寺島義幸氏、4区に矢崎公二氏、5区に中嶋康介氏の公認申請を確認。北沢代表を選対本部長とすることを決め、小選挙区での候補者擁立を見送った社民県連と連携し選挙に臨むことで一致した。

 前回選で1区の議席を守った篠原氏は「安倍政治を継続させるかどうか、この一点が争点だ。安倍政治をストップさせるために全力で戦う」と気勢を上げた。その後、立候補予定者らは長野駅前で街頭演説して支持を訴えた。

 (武藤周吉)