文字サイズ

三重ニュース

民主系県議、他党を応援? 維新候補出陣式に出席

 二日に公示された衆院選の三重1区で、維新の党の新人候補の出陣式に、県議会の民主系会派「新政みえ」の県議四人が出席した。会派では民主党候補がいない1区でも他党の応援を認めていないが、基準には抵触しないとして黙認する考え。

 津市、伊賀市、名張市の各選挙区から選出された四人で、各地元であった維新候補の出陣式に出席し、来賓として紹介された。

 民主と維新は三重1区で競合しないよう、維新に候補を一本化。ただ、「選挙協力はしない」との党の方針に従い、会派では他党候補の演説会で弁士を務めたり、自身の会合に招いて紹介したりといった応援をしないよう定めている。

 四人のうちの一人は本紙の取材に「招待状が来たので出席した。名前は呼ばれたがマイクは握っておらず、選挙協力ではない」と説明。会派代表の三谷哲央県議は「会派の方針にはぎりぎり抵触していないが、良識を持って行動してほしい」と求めた。(添田隆典、安藤孝憲)