文字サイズ

三重ニュース

届け出リハぬかりなく 県選管職員が手順確認

 衆院選の公示を翌日に控えた一日、県選管は立候補受け付け会場となる津市北河路町のメッセウイングみえで、受け付け手順のリハーサルをした。

 職員ら約八十人が参加。各選挙区で陣営関係者役の職員を相手に、届け出順を決めるくじ引き、書類の確認、選挙運動に使う道具の配布などの手順を確認した。

 県選管の宮崎慶一委員長は「初めての職員も多いので、冷静、迅速、的確な業務を」と呼び掛けた。二日の立候補届け出は午前八時半〜午後五時。

 (滝田健司)