文字サイズ

三重ニュース

民主、4区は「絶対出す」 公認候補不在に県連幹事長

 民主党県連の舘直人幹事長は十八日、年内の実施が決まった衆院選で公認候補が不在となっている三重4区の候補者擁立に向け、「公示までに絶対出す」と述べた。同党の前参院議員、高橋千秋氏が三重1区での出馬を表明した会見の席上で答えた。

 舘幹事長は「まだ事態は動いていないが、自民に対抗馬を立てる方向で協議を重ねている」と説明。ただ野党連携を念頭に、独自候補に限定するかは「党本部が決めることだ」と述べるにとどめた。

 高橋氏が出馬を表明した1区では、民主党が連携を進める維新の党から前津市長の松田直久氏も出馬する。競合を避けるため、維新の候補がいない4区に転出する可能性を問われ、高橋氏は「想定していない」と否定した。

 高橋氏は1区の公認内定に伴い、党県第一区総支部長の就任も党本部から承認された。(添田隆典)