文字サイズ

石川ニュース

比例議席獲得へ 社民県連総決起

 社民党県連の一、二区両支部による合同の総決起集会が八日、金沢市の労済会館であり、比例の北陸信越ブロックでの議席獲得に向け結束を図った。

 党員や支援者、労働組合関係者ら八十人が参加。盛本芳久代表は、集団的自衛権の行使容認を閣議決定したり、原発再稼働を前提としたエネルギー政策を進める安倍政権を批判し「戦争や原発の問題をしっかりと訴えることができるのは社民党だけだ」と強調した。

 小選挙区では「自民党への流れを変えないといけない」と述べ、県連が推薦した民主党元職の田中美絵子さん、近藤和也さんへの支援を求めた。集会には田中さんも訪れ「本当の平和は国民が幸福感を持って暮らせること。社会保障を立て直す」と訴えた。 (飯田樹与)