文字サイズ

石川ニュース

自民県連が他会派回り 小選挙区 支援要請も回答厳しく

県政石川の県議に支援を求める自民県連の福村章氏(左)=県議会で

写真

 自民党県連は二十八日、県議会の他会派を回り、衆院選石川1〜3区での党候補への支援を求めた。ただ、十月の金沢市長選の影響が尾を引き、特に1区について色よい返事が得られない場面もあり、厳しい状況を印象づけた。

 県連の福村章会長代行と木本利夫幹事長が候補を立てない保守系を中心に四会派を回った。1区と3区は民主党候補と共産党候補が自民候補と激突するため、自民としては両区で支援を得たいところ。

 1区と3区の民主候補予定者を推薦した県政石川(所属四人)では金原博県議が、自主投票を決めた2区以外に対し「(支援先が)はっきりしとる」とにべもない対応。同市長選で自民推薦候補と対立した山野之義市長を担いだ政心研(一人)の田中博人県議は1区の自民応援について「そりゃダメやわいね。支援者の気持ちを考慮せんなん」と拒んだ。

 新進石川(二人)では新谷博範県議が1区自民候補予定者を「応援できない」、宇野邦夫県議は1区の民主候補予定者を批判したが「選挙そのものがおかしいわい」と切って捨てた。

  (松本浩司)