文字サイズ

石川ニュース

公明・漆原氏「軽減税率を」 能登空港で演説

ガンバローを三唱する漆原良夫公明党中央幹事会会長(右)と北村茂男さん(左)=能登空港で

写真

 比例代表北陸信越ブロックから出馬を予定する公明党の漆原良夫党中央幹事会会長は二十七日、能登空港で開いた街頭演説会で「石川は自公連携の先駆県。急な選挙で準備もできていないが、最後まで走る。お力を頂戴したい」と自公両党の支持者に呼び掛けた。

 漆原会長は「消費税率10%の延期、軽減税率の導入、自公の経済政策であるアベノミクスの継続、この三点が争点」と指摘。特に党が力を入れる食料品などへの軽減税率の導入には「社会的弱者のため、政治の力で実現させたい。選挙で結果が必要だ」と強調した。

 さらに「景気の好転が地方に及んでいない。アベノミクスはジェット機が離陸する寸前。ここで力を入れないと失速する」とも述べた。

 石川3区から出馬する北村茂男さんとともに「ガンバロー」を三唱した。 

  (松瀬晴行)