文字サイズ

石川ニュース

「一からの出直し 誓う」 1区 馳さんが事務所開き

事務所開きで、集まった支援者に決意を示す馳浩さん=金沢市鞍月で

写真

 十二月二日公示の衆院選(十四日投開票)に石川1区から出馬する自民党前職の馳浩さん(53)の事務所開きが二十六日、金沢市鞍月であった。馳さんは十月の金沢市長選への対応で自身への批判が高まったことを念頭に「一から出直すことを誓う」と決意を示した。

 馳さんは「無礼があったところは反省し、信頼を得られるよう努力したい」と述べ、初当選時の「原点」に戻る姿勢を強調。アベノミクス前進のため議席死守へ支援を求めた。

 選対本部長の中村勲県議は市長選で自民が分裂し推薦候補が敗れたことを陳謝。「わだかまりを捨て、県都の将来のため馳さんに先頭に立ってもらう」と声を張り上げた。

 公明党県本部の増江啓代表や渋谷弘利・連合後援会長らもあいさつ。応援団代表の学生有志の発声でガンバローを三唱した。

 続く選対会議で支援体制などを確認。原点回帰を意識し街頭演説を活動の中心に据える。市長選で大勝した山野之義市長の戦術にならい、議員より女性や若者の存在を前面に出す。 (松本浩司)