文字サイズ

石川ニュース

共産 1区で決起集会 比例議席獲得も目指す

支援を呼びかける亀田良典さん(奥左)と藤野保史さん(奥右)=金沢市の県青少年総合研修センターで

写真

 衆院石川1区に出馬する共産党新人の亀田良典さん(65)を支援する後援会の決起集会が二十二日、金沢市の県青少年総合研修センターであった。亀田さんとともに、比例代表北陸信越ブロックに出馬予定の藤野保史さん(44)も支援を求めた。

 党金沢地区委員会が開き、百八十人(主催者発表)が参加した。亀田さんは「安倍政権は消費税8%にする際、社会保障に使うと言ったが、良くなった実感はない」と批判。充実策として国民健康保険料引き下げや最低保障年金創設を掲げた。

 党は比例同ブロックで二〇〇三年に失って以来十一年ぶりの議席獲得を目指す。

 藤野さんは、現税制が大企業や富裕層を優遇する仕組みになっていると指摘し「そこにメスを入れるべきと言っているのが私たち。財源は消費税に頼らない別の道がある」と主張した。 (日下部弘太)