文字サイズ

石川ニュース

近藤さん推薦 連合石川決定 3区

 連合石川の執行委員会が二十一日、金沢市内であり、十二月二日公示の衆院選で、石川3区に出馬する民主党県連代表の近藤和也さん(40)の推薦を決めた。

 会議は冒頭を除き非公開。狩山久弥会長は「働く人を犠牲にすれば国内総生産(GDP)の引き上げに寄与するはずの消費が伸びるわけがない」と述べ、消費税再増税の延期を理由に衆院を解散した安倍政権を批判した。

 また、「確かに民主党は失敗したことはあったが、人を大事にする、全体の底上げをするという選択は今本当に必要だ」と強調。近藤さんについて「六年間活動を共にし信頼できる仲間だ」と評し、支援を呼び掛けた。

 出席した近藤さんは「悔し涙の分だけ、苦しい思いをさせてしまった分だけ良い政治を目指したい」と訴えた。

 連合石川は1、2区も民主県連から推薦要請があれば同委員会で協議する。県連は1区で田中美絵子さん(38)擁立を決めたが、二十一日は推薦手続きが間に合わなかった。

 会議では来年四月の輪島市議選で現職の高田正男さん(67)、金沢市議選で新人の松井隆さん(59)をそれぞれ推薦決定した。 (飯田樹与)